Constanza

コンスタンサの日本人居住区 COLONIA JAPONESA

1956~59年、約18ヘクタールの優良農地を無償譲渡するなどとした日本政府の募集に応じて、249家族1319人がドミニカ共和国に移住した。しかし、約束の土地はもらえず、生活は困難を極めた。大半が日本に帰国したり、ブラジルなどに転住したりした。とどまったのは47家族。移住者たちは募集要項を守るよう、現地の大使館に訴え続けた。90年代に入ってからは代表者が頻繁に来日、直接外務省などに訴えたが相手にされず、2000年に126人の移住者らが国に損害賠償を求めて提訴した。東京地裁は06年、国の責任を認める判決を出したが、20年の除斥期間が経過したとして請求は棄却。原告は控訴したものの、移住50周年の年でもあり、国が謝罪することなどを条件に取り下げた。 ※2014-04-01 朝日新聞 朝刊 3社会

ここ、コンスタンサの日本人居住区(コロニア ハポネサ)にも約60年前35の日本人家族が入植した。今もなおここコロニア ハポネサには、当時入植した家がほとんどかわることなく残っており、移民者たちが積み重ねてきた時間を感じ取れる場所になっている。現在は数家族のみの日本人がここに住んでいる。移住者の方々を尋ねてみた。突然の訪問だったにもかかわらず優しく歓迎してくれた。

 

関連記事

  1. 絶滅した先住民タイノ族の壁画が残る「奇跡の洞窟」
  2. 日本人ドミニカ農業移住記念碑
  3. 首都サントドミンゴから最も近いビーチリゾート ボカチカ Boca…
  4. 新大陸を指さして立つコロンブスの像
  5. 3つの地底湖 ロス・トレス・オホス(3つの目)
  6. アメリカ大陸発見500年記念に作られた巨大なコロンブス記念灯台
  7. 秘境の滝 アグア ブランカス
  8. ドミニカで日本を知る | 日本語

新着記事

  1. ろう者を支援する国際協力団体の代表として
  2. Project for BATEY チャリティーイベント in バラオナ
  3. スウェーデンの発祥の世界最大の家具量販店イケア in ドミニカ共和国

ピックアップ記事

  1. バラオナのビーチへくり出そう!
  2. ドミニカ共和国で一番美しいビーチ、バイーア・デ・ラス・アギラス
PAGE TOP