Samana

噂のオシャレリゾート ラス テレナス LAS TERRENAS

ラス テレナスは街自体が小さく全体が観光地化している。海沿いはリゾート地となっていてオシャレな雰囲気が漂う。ラス テレナスは観光地として有名で、たくさんのビーチがある。Playa BonitaやPlaya Punta Popy、Playa Cosonなどなど。

Playa Bontitaは、町から離れているため観光客が行きづらいが、そのためとても静かである。またPlayaBonitaから2つの小さい無人島に船で行くことも可能だ。どこもビーチは遠浅で静かであり、観光客のほかにも地元に人々が海に入って遊んでいるが、同時にサーフィンやスキューバができるスポットもある。

ラス テレナスの街は30分も歩けば町全体を把握できる。通りは主に2つしかなく、海に向かう方向と海から離れる方向でそれぞれ一方通行になっている。大きな建物はなく、海沿いと2つの通り沿いに小さいお店が並んでいる。欧米人の観光客が多いため、海沿いにはホテルや土産物屋が立ち並ぶ。フランスやイタリアのお店も多い。魚介類が有名で、ドミニカ共和国の中で美味しい魚介を食べられる場所として有名である。本格的なイタリアンレストランなどもある。

移動はモトコンチョが主で町中を走るグアグアはほとんどない。タクシーはあるが交渉が必要で観光客には移動が難しい。そのためホテルやお店が並ぶ海沿いが最も栄え、そこから離れると静かになる。町の中心から離れたり、横道に入ると貧しい家も立ち並ぶ。ビーチ沿いのレストランに物乞いや物売りの子どもがやってきたり、学校にいけない子どもも多く、賑わう場所とのギャップが大きい。

ラス テレナスは外国人も多く住んでいる。外国人のうち80%がフランス人かイタリア人。また理由はわからないがアジア人は、中国人より韓国人のほうが多い。町でもスペイン語のほかに、英語やフランス語を聞くことも多く、人々も外国人慣れしている様子。夜になるとディスコテカに行って踊る人が多い。サマナ県全体にいえると思うが雨季は雨が激しく降るので注意が必要だ。

 

関連記事

  1. ドミニカ共和国で一番美しいビーチ、バイーア・デ・ラス・アギラス
  2. 絶滅した先住民タイノ族の壁画が残る「奇跡の洞窟」
  3. コンスタンサの街を一望できるディビーノ ニーニョの展望台
  4. 首都サントドミンゴから最も近いビーチリゾート ボカチカ Boca…
  5. ドミニカ独立戦争の英雄の塔 Monumento a los Hé…
  6. コンスタンサの日本人居住区 COLONIA JAPONESA
  7. 独立の三人の英雄が眠る インディペンデンシア公園
  8. バテイの人々を支援する慈善団体 フンダシオン・セントラル・バラオ…

新着記事

  1. 国際書籍展フェリア デル リブロ 2019年
  2. イニエスタを育てた名指導者アルベルト・ベナイヘス氏。 ヴィッセル神戸への加入前は、ドミニカ共和国で指導していた!
  3. ドミニカンリーグで活躍した歴代選手トップ20にリカルド・ナニータ選手がランクイン!

ピックアップ記事

  1. ドミニカ共和国で一番美しいビーチ、バイーア・デ・ラス・アギラス
  2. バラオナのビーチへくり出そう!
PAGE TOP