San Pedro de Macorís

絶滅した先住民タイノ族の壁画が残る「奇跡の洞窟」

ドミニカ共和国の東部、サン・ペドロ・デ・マコリス-ラ・ロマーナを連絡する道路上にある「奇跡の 洞窟」(La Cueva de las Maravillas)。ちょうど、ソコ川とクマジャサ川の間、「ボッカ・デル・ソコ」と言われる地区にあり、サントドミンゴ市から車で約1時間半。この土地の地下30mに、かって絶滅してしまったイスパニョーラ島の原住民(タイノ族)の手によって描かれた数々の貴重な壁画が残されている。1926年にこの洞窟の存在が発見され、その時は「ハグアル洞窟」と命名されたが、1949年に地元(サンペドロ・デ・マコリス)の先生であったフランシスコ・リチェイス・アセベード氏がここを「奇跡の洞窟」と呼ぶことを提案。洞窟内は実に840mが迷路のようになった構造をしているが、昔の形状や周辺のエコシステムをできるだけ保存するために、そのうち240mの部分だけ見学できるような照明設備のついた通路が整備された。洞窟の壁には明らかに人間を描いたものや472個ものいろいろな物体を描いた壁画が鑑賞できる。洞窟見学は受付から、「城と王のエリア」、「教会コーラスのエリア」、「陰のギャラリー」、「文化エリア」などど興味深い名前をつけられた各エリアを通り、見学に要する時間は約50分。

また、こうした原住民の壁画だけでなく、洞窟にはこうもり、蛾、爬虫類、両生類、特に新しい無脊椎動物が24種類発見され、その大部分は島の生物種インベントリーに初めて登録されたものだ。上の壁画は洞窟の中で発見されたものの中で最大のもので、224x174cm。壁画の大部分は死者あるいは死者にまつわる儀式をテーマとしたものが多い。これらの壁画が描かれた年代を推測するのは非常に難しいが、洞窟に残っていたその当時の物証から推察すると、650年から1500年の間に書かれたものとの見方がされているそうです。 この壁画はスペイン人が島へ到着してから書かれたものといわれている。

引用 : Welcom to Dominican Republic

 

関連記事

  1. ドミニカ共和国で一番美しいビーチ、バイーア・デ・ラス・アギラス
  2. 3つの地底湖 ロス・トレス・オホス(3つの目)
  3. ドミニカの国民的英雄 サミー・ソーサのショッピングセンター
  4. 噂のオシャレリゾート ラス テレナス LAS TERRENAS
  5. ドミニカ独立戦争の英雄の塔 Monumento a los Hé…
  6. 日本人ドミニカ農業移住記念碑
  7. コンスタンサの街を一望できるディビーノ ニーニョの展望台
  8. コロンブスの家、アルカサル宮殿

新着記事

  1. ろう者を支援する国際協力団体の代表として
  2. Project for BATEY チャリティーイベント in バラオナ
  3. スウェーデンの発祥の世界最大の家具量販店イケア in ドミニカ共和国

ピックアップ記事

  1. ドミニカ共和国で一番美しいビーチ、バイーア・デ・ラス・アギラス
  2. バラオナのビーチへくり出そう!
PAGE TOP